Biographie-ja

人生の出来事に妨げられながらも芸術の影響があった家族の物語

 

エマニュエル Vroelantは芸術への憧れを人生の出来事によって、しばしば妨げられた家族の中で生まれました。

 

エマニュエルの祖母はアルデンヌ県で1900年に生まれました。そして、第一次、第二次大戦中、二度、フランスを歩いて通って、その間に初めて写真と出会いました。

祖母はすぐに、この新しい表現方法に魅せられます。そして、写真を自分で現像します。けれど、20世紀のこの時代に結婚した女性にとって、家族以外のことに趣味を持つことは許されませんでした。

祖母は、写真を続けなかったことを一生後悔して、99歳の時に最新のカメラを購入しました。

 

エマニュエルの父は、映画監督の仕事を志しましたが、そのパッションは第二次世界大戦と6人の子供を持つことによって妨げられ、安定した営利的な仕事をすることになりました。

父は年金を受け取るようになってから、芸術へのパッションを表現できるようになります。ルーブル美術館の映画部門の改修に参加できるチャンスを特に、ミッシェル アンジュの為に表現できることになります。それにもかかわらず、無意識的に子供達の将来は、生産的で安定した生活であることが、実際的であるというのが父の考えでした。

このようにして、エマニュエルは6人姉妹の長女として、芸術創造性にひきつけられながも、家族によって勉学への道を押しつけられます。クラシック バレーという一時しのぎの楽しみを除いて。

 

23歳、心理学の卒業証書を手にしてから、世界のたびに伴侶と共に旅立ちます。アフガニスタンと猛烈な自尊心、インドと壮麗さ、日本と美しさの意味、平和を愛する静かな力 の発見。

第一子、ロール  Gwendolin Seisma を第三の海のハロルド スティーブンの美しいスクーナーで授かり、バヌアツ共和国に立ち寄ることになります。ここで、家族の重圧や影響から遠く離れて、静けさと穏やかさの中で、エマニュエルは、自分自身の息吹を見い出します。

 

ローマ賞を取ったモンテセラトの前の修道僧であるジュアン Rodertaさんとジャーナリスト作家のアルフォンソ Colondro さんと入門編の世界旅行に一緒に行くことで出会った、芸術への突然のひらめきがありました。

 

二人の男性は、エマニュエル夫婦と子供と数週間一緒に過ごしました。その間に、ジュアンRodertaさんは多数のスケッチとグワッシュを書き上げました。

そのようなことに触れて、エマニュエルは、自分自身の描きたいという強い気持ちに気づきます。Santo島にあるたった一つのお店の一つだけある材料によって、最初のジェスチャーの正確さを学び、今まで表現されなかった内なる心を開放する幸せに気づきます。

 

けれども、じきに文化的に豊かな環境の必要性が不可欠になってエマニュエルの家族はヨーロッパへの道に向かい、そこで、第二子 Erwann Siddhartaが生まれます。

Biographie
Pinceau sur toile

1981年、エマニュエルは、パリの最初のアトリエで幾つかの展示会を開きます。後に、グランド パレで1985-86-88-89年 Salon d’Automne に展示するように招待されます。

エマニュエルの声価は確立し、多くの注文があり、最初の国際展示会は、ベルナール Dadie 文化大臣の後援の下でアビジャンで行われました。

成功そして、突然の悲劇的な出来事、病気が襲いかかり生死の狭間で二年間、戦いました。

 

1992年、病気の診断は保留されたままで少しずつ、エマニュエルは、人生への興味が出始めました。が、気力やエネルギーはなくインスピレーションをかきたてられる心の声は感じられませんでした。

筆を再び取ることが出来ないまま、勉学の道に戻り、色との関係を深く掘り起こした芸術的治療法の精神分析治療診断室を開業しました。

 

年々、エマニュエルは、気力を回復し内なるエネルギーが生じて、抗することの出来ないほどの描きたい必要性を感じます。2006年、子供達も成長して、精神分析医の仕事とパリを離れて、伴侶と共に、常に変わる明るさがインスピレーションを与えるブルターニュに住みます。

 

2009年、エマニュエルは、ミッシェル Chamming のコレクターからの依頼でパリで展示して、再び成功します。

 

2010年、エマニュエルは、ニューヨークでソーホーのギャラリーのイノギュレーションの為に展示して、ジャン クロード ルーモンに出会うことで中国での展示を薦められます。

 

エマニュエルの作品は、今は常に、中国、アメリカ、パリで見ることができます。